チューリップ

loveless (自存)

序章

獣たちの戦いが世に终りをもたらす时

冥き空より 女神が舞い降りる

光と暗の翼を広げ

至福へと导く『赠り物』と共に

一章

深渊のなぞ

『女神の赠り物』を探し求め3人の男

しかし戦が彼らをひきさいた

ひとりは英雄 

ひとりは放浪

残りのひとりは捕虏となる

それでもなお

3人の心は结ばれていた

再び共に谜を解くという约束で

二章

捕虏は脱走に成功するも

濒死の重伤を负う

しかし 彼は一命をとりとめる

彼を救ったのは

敌国の女であった

彼は身分を伪り女と共に隠遁生活を送る

その暮らしは

幸福で永远に続くと思われた

しか...

(自留,ケル给的安利反馈……♥)

eko的画工并不好,但她涂抹景物的色彩表现力是令人为之惊艳的。

让我第一次关注到她的那副画,画的是昏暗的地牢里,从墙上的小窗外照进一缕白亮的月光,光束笼罩着一个半透明的身影,他直直地立在那里,双手撑住攀满青苔的刀,刀刃上沾着点点锈迹,却依旧闪出锋利的寒光,和刀等高的小男孩站在一边,抬头仰望那个之于他,显得高大而坚毅的身形,像是看到了护在天堂之门前的强大有力的英雄,于是他向前伸出手去,小心翼翼地,不知道是想抚摸刀刃还是想同心中的英雄友好地握一个手。他的身边,比他矮了一个脑袋的金发女孩,梳着优雅可爱的绑发,身穿白色长裙,一半身影隐在阴影里,右手拿着一支新鲜的雏...

© チューリップ | Powered by LOFTER